top of page
Flower Blossoms

​心を育む教育・保育

 横手マリア園は、キリスト教精神に基づき、幼児教育・保育に携わってきました。今も、その精神の元に、子ども達ひとり一人を尊重し、健康で豊かな心、たくましく心を持つ子どもに育つように教育・保育を目指しています。具体的に言うと、当園では「感謝の心を持つ子ども」「きれいな心持つ子ども」「生きる力を持つの子ども」の教育・保育に力を入れています。更に、子どもたちには大きく心を開いて、外に飛び出していく力を養う方針です。これらの目標達成のため、子ども達の園生活の中「お祈りで始まり、お祈りで終わる」神を敬う心、「ありがとう」という感謝の心、「ごめんなさい」という謝る心を育て、基本的な社会性を身につけるように努力しています。それに、培われた伝統を大切にしながら、新しい時代 のニーズに応えるために、情操教育にこれまで以上に力を入れて行こうという考えています。

 教育・保育環境を整えて、温かい心の先生方と共にご入園をお待ちしております。

 
IMG_6909.JPG
元気で明るい子ども

喜んで体を動かし、元気に遊べる

子ども

IMG_3674.JPG
友達を思いやる温かい心の子ども

友達や異年齢児と仲良く遊び、助け合える子ども

IMG_2570.JPG
考えてやり抜こうとする強い心の子ども

 物事に対して良いこと、悪いことに気づき正しく判断できる子ども

IMG_0954.JPG
​神様の恵みに感謝の
気持ちを持てる子ども
IMG_2503.JPG
横手マリア園の教育・保育の 中、次のことを大切にしている

感謝する気持ちを持ち「ありがとう」が素直に言える子ども

感動体験の中イメージを提供し、遊びが広がるように

様々な人と関わり、心豊かに学べるように

「ありがとう」、「ごめんなさい」の気持ちを大切にできるようい

祈りを通して優しさと思いやりの心を育つように

​もみのきだより

​「命の成長、そして感謝」

 今年の元日に襲った能登半島地震及び津波のすべての被災者に謹んで哀悼の意を表し、心よりお見舞い申し上げます。そして、今も避難生活に強いられている方々が、一日も早く通常生活へ復帰できるようにお祈り申し上げます。横手マリア園の周りは今、少しずつ真っ白な雪の世界になり、子ども達は雪遊びを楽しむようになりました。2月の行事として、ミニかまくら作りや、もちつきなども予定され、子ども達の中に期待感が高まっていると思います。これらすべての体験は子ども達一人ひとりの『発達』と『成長』そのものを表していると言えます。この『成長』と『発達』という語は、『それまで出来なかったことが出来るようになるという変化』のことでしょう。要するに、子ども達の『身体の成長』『運動習得』『言語活動』『意志表示』『脳の成長』などは『命そのものの成長』であるということです。自然界も今は冬眠の中、雪が積もること、そして溶けることを待っているかのようですね。この冬が過ぎゆくと、雪が溶け始め、初めて『命のつながり』が目立つようになってきます。あらゆる木々は芽をふき、草が生え、見る見るうちに緑の世界に変わることでしょう。これもまた、別の形で『命そのものの成長』であると思います。キリストの教の観点から言わせると、あらゆる『命とその成長』は神からの恵みであり、我々は常にそれらの『命』のために感謝の気持ちを持つ必要があるということです。どうぞ、これからも子ども達の成長を見守り、感謝の気持ちの表しとして精一杯愛を注ぎ続けてください。更に、自然界のあらゆる命も同様、その成長をじっくりと楽しんでください。寒い日々が続きますが、自愛を忘れず、お元気に過ごしてください。

​                                             園長 クジュール プラフル          

bottom of page